Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/upstairs/dothostel-nagano.com/public_html/wp-content/themes/layerswp/core/helpers/post.php on line 53

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/upstairs/dothostel-nagano.com/public_html/wp-content/themes/layerswp/core/helpers/post.php on line 72
宿主日記07/30~08/05 | DOT HOSTEL NAGANO
Close

2018-08-06

宿主日記07/30~08/05

7/30(月)
 
今日は少しヘンテコな日本語を話す陽気なフランス人がチェックイン。漫画で日本語を勉強しているらしく、敬語ができずにチェックイン時にいきなりタメ口で喋りかけてきたのでびっくりしたが、まあよくあることだと自分に言い聞かせた。まあよくあることだというのはうちのゲストハウス内でよくあることだということで、決して世間一般、普通に生活していていきなりタメ語でフランス人に日本語で話しかけられるというイベントは発生しないだろう。というわけで、とりあえず漫画アニメが大好きということでアニメイトの場所を教えておいた。日本政府はアニメ・漫画をクールジャパンとして海外へコンテンツを売りに出しているようだが、このコンテンツ事業は思うように言っていないらしい。だけど日本の観光業界、インバウンドにもたらす効果は非常に大きいのではないか。と彼を前にしてふと思った。
 
7/31(火)
 
お笑い芸人オードリーのツッコミ役、若林のキューバの旅行記である新刊”表参道のセレブ犬とかバーニャ要塞の野良犬”を読み始めた。特にオードリーがすきとかそういうのではないが、単純に今キューバに興味があるのと若林氏が書く文章がわりと好きで彼のデビュー作も昨年読了済。読み進めたかったが今日はイベントごとが多く、午後はご近所で夕涼み会が、夜は善光寺で盂蘭盆会があったのだった。合間にはアメリカファミリーが一棟貸しの方にチェックインということでまさに動き続けた1日だった。
 
ここ1週間滞在してくれていたプエルトリコ在住のカップルの最終日だった。
 
プエルトリコと聞くと何を思い浮かべるだろう。カリブ海に浮かぶ楽園、メジャーリーガーをたくさん輩出している・・・ううんんん・・正直あまり他に思い浮かばない。
日本とは本当に本当に遠く離れた島国であるプエルトリコは独立国家ではない。アメリカの自治領という扱いで、彼らが持っているパスポートもUSAのパスポートだ。話す言語はもともとスペイン領だったこともありスペイン語を話す。彼氏はアメリカ人だが、彼女はプエルトリコ人。彼らの会話はスペイン語が中心だった。
1週間ほどうちに滞在して長野の自然を満喫した2人。彼らは驚くほどオーセンティックというか純真で全てを受け入れる広い心を持ったとても素晴らしいカップルだった。
初めての日本。初めてのアジア。見るもの全てが彼らの国のものとは違っていただろう。
キリスト教徒が大半を占める国で生活している彼らが善光寺の近くで過ごした1週間。昨日善光寺で行われた盂蘭盆会にも運良く参加でき、目を輝かせながら太鼓をバンバン叩いていたのが印象的だった。
彼らはこれから北海道の函館へ向かう。また会おうね、とハグをしてお見送りをした。プエルトリコに行ってみたい。彼らに会いに行ってみたい。そう思わせるほど素敵なカップルだった。
 
 
8/1(水)
 
今日は宿を閉めて午前中は大掃除。
お昼はみんなで最近新しくオープンした、食堂スワロウへ。
僕は牛すじカレーを注文。スタッフは唐揚げ定食、卵焼き定食を。
とにかくボリューミーで、味も最高でした。そして値段が安い!これは行きつけになること間違い無し。ランチしかやっていないので注意です。そして売り切れが早いので早めの時間いくことをお勧めします。
 
8/2(木)
今日は宿主の誕生日。
いろいろとメッセージやらプレゼントやらありがとうごいました。
スタッフにもお祝いしてもらいました。みんなありがとう。
 
8/3(金)
 
とにかくここ毎日暑い。名古屋で40Cというニュースをみて、そしてヨーロッパでも熱波が来ていてスペインとポルトガルで47cくらい気温が上昇するんではという話を聞き地球温暖化は進んでいるんだと認識した。
 
オリンピックに出場してメダルを取る。
スポーツをやっていた少年、少女なら一度は夢見たことことだろう。
幼い頃、宿主もアトランタオリンピックでのマイアミの奇跡(サッカー日本代表がブラジル代表に勝利)をテレビの前でかぶりつくように見て、あー俺もオリンピックに出たいなと思ったものだ。
 
先日、やたらガタイのよいお兄さんがチェックインしてきた。あれ、なんかみたことある。と思い以前も宿泊しましたか?と聞くと、はいそうですと。
そうだ、昨年の冬ドミトリーを貸切にしたあのお兄さんたちだとようやく思い出した。
彼らは某冬季オリンピック競技の日本代表選手でヨーロッパ遠征前の国内試合とかで長野に来たと話していたのを思い出した。
今年もまた泊まりに来てくれて、そして試合前日という大事な日にうちに泊まりに来てくれた。僕ができることは彼が安眠できるような空気を作り出すことのみでしたが、ミッションは達成した。良い結果がでますように。
 
 
8/4(土)
今日はびんずる祭りということもあり、朝から善光寺界隈も賑わっていた。
もちろん今夜は宿も満室。
時間を見つけて僕も宿を抜け出して祭りを堪能。とにかくすごい人と出店の数。
楽しそうに踊っている人。疲れて休んでいる人。恥ずかしがってるのか全く踊らない人。いろんな人が参加しているのだな。中には矢沢永吉軍団まで。猛虎魂を感じるものもあった。この日は相変わらず外国勢がたくさん宿泊してくれていて、お祭りを楽しんでいた。中でもチリから来たおひげのおじさんは興奮して1晩で1000枚も写真を撮ってしまったと。
 
8/5(日)
夏休みに入ったということもあり、ヨーロッパからの若いバックパッカーたちが比較的多く宿泊してくれている。中には予約をしないで来る猛者もいるので、そういう時はご近所のゲストハウスを紹介してあげている。持ちつ持たれつの関係だ。
1棟貸しの方もそこそこお客さんが来てくれていて、今日もヨーロッパからのご家族がチェックイン。電車が遅れてしまっていたため夜遅くのチェックイン。ご近所さんを起こさぬよう物音を立てないようにこっそりーチェックイン。